【彩食健美】(たんぱく質9g)のこだわり

    通話無料フリーダイヤル

    0800-888-0585

    受付 平日9時~17時(土・日・月曜祭日休み)

    腎臓食 たんぱく調整食9gについて

    腎臓食のこだわり画像

    主食(炭水化物)のエネルギーとたんぱく質の含有量です。

      エネルギー たんぱく質
    ご飯180g(茶碗一杯) 302Kcal 4.5g
    食パン70g(スライス1枚) 185Kcal 6.5g
    うどん220g(1人前) 231Kcal 5.7g

    上記の主食と弊社の腎臓食(たんぱく調整食9g)をお召し上がり頂いた時の摂取量です。

      エネルギー300Kcal たんぱく質9g
    ご飯180g(茶碗一杯) 602Kcal 13.5g
    食パン70g(スライス1枚) 385Kcal 15.5g
    うどん220g(1人前) 531Kcal 14.7g

    これを1日3食召し上がったら。

      エネルギー300Kcal×3 たんぱく質9g×3
    ご飯180g(茶碗一杯)×3 1,806Kcal 40.5g
    食パン70g(スライス1枚)×3 1,155Kcal 46.5g
    うどん220g(1人前)×3 1,593Kcal 44.1g

    弊社の腎臓病の方向けの【たんぱく調整食9g】の9グラムがいかに重要かを解説いたします。一日の摂取制限は、クレアチニン値や標準体重等の違いにより個人差はありますが、 一日のエネルギー制限1,800Kcal たんぱく質制限40g以内に対応できるように設定しております。
    最も厳しい方(体重が空少なくクレアチニン値が高い方)を基準に決める事で、基準の厳しくない方はプラスして食材を、お召し上がり頂けますように計算しております。
    上記の表をご覧頂きお解りの様に、ご飯と一緒に3食お召し上がり頂きますと、1日当たり、1,800Kcal たんぱく質40gとなり理想的な制限量になります。 このご飯量は、普通の大きさのお茶碗を基準にしており、食の細い方は更に摂取量が少なくなるのです。おかずのみで、たんぱく質が10g以上あるとオーバーしてしまします。 たんぱく質の摂取量が多すぎると、クレアチニン値が高くなり、人工透析へ移行するリスクが高くなります。
    逆に、たんぱく質の量が少なすぎると、ご自身の身体のたんぱく質(筋肉)のたんぱくをエネルギーとして使用しますので、同じようにクレアチニン値が高くなり、人工透析へ移行するリスクが高くなります。

    腎臓食のこだわり画像2

    ▶▶【たんぱく調整食9g】