【彩食健美】糖尿病本当に怖い合併症

    通話無料フリーダイヤル

    0800-888-0585

    受付 平日9時~17時(土・日・月曜祭日休み)

    糖尿病本当に怖い合併症

    糖尿病の合併症は高血糖に関係します。
    血糖を目標範囲内にコントロールできていれば、患者さんの多くは合併症にかかりません。
    血糖を正常近くに維持して合併症にかかるリスクを減らしましょう。

    糖尿病の合併症
    合併症は、重大な影響を患者さんとその家族に与えます。
    糖尿病の危険性についてよく知り、進展を阻止するために積極的に対処していけば、恐れることはありません。
    血糖値をできるだけ正常に近い値に保つことにより、合併症の発症や進行を最低限にとどめることが出来ます。

    合併症のリスク
    糖尿病を上手にコントロールしないと合併症が待ちかまえています。

    網膜症
    糖尿病が原因で、目の網膜の細小血管がもろくなったりつまったりして、視力低下を引き起こします。
    初期の治療可能な段階では症状がないため、毎年眼科を受診し、眼底検査を受けましょう。
    早期発見できれば、レーザー治療により糖尿病が原因の失明はほとんど防げます。

    腎症
    糖尿病は、腎臓の細かい血管にも障害を起こします。腎症と呼ばれ、初期には症状はありません。この状態になれば次のようなことが起こります。

    腎症の症状
    腎臓が機能しなくなれば、血液中から不純物を除去する透析療法が必要になります。

    糖尿病性大血管症・足の病変
    糖尿病は神経系と血管系に影響を与えるため、足や膝に重大な障害が生じる可能性があります。 (壊疽)
    主な症状
    深刻な場合は、足や指を切断しなければならなくなります。
    大抵の場合は、足をケアすれば手術の必要はありません。
    特に運動する時には足を保護し、毎日、足をよくチェックすることが大切です。

    神経障害と性機能低下(勃起障害)
    神経障害の原因は血管障害の原因と似ています。
    血糖値が高い時は神経細胞が膨張して傷つきます。
    そのうち、神経は身体を通して信号を送るという本来の役割を果たせなくなります。

    神経障害がもたらす症状
    足の痛み、しびれ、知覚異常、勃起障害、こういった神経障害の症状は、現れたり消えたりします。さらに進行すると感覚がなくなることがあります。

    感染症
    高血糖が続くと、インフルエンザなどのさまざまな感染症と戦う体力が落ちます。
    インフルエンザのワクチンを接種した方が良いかどうか医師にご相談ください。

    起こしやすい感染症
    足の指や、爪の白癬菌症、足潰瘍、呼吸器疾患などがあります。
    女性の場合は膀胱炎などの尿路感染症、陰部真菌症などがあります。

    心筋梗塞・脳卒中
    2型糖尿病の患者さんでは、脳血管障害や、虚血性心疾患のリスクが高くなります。

    脳血管障害・虚血性心疾患の原因
    高脂血症
    高血圧
    高血糖
    喫煙

    合併症を防ぐ10ケ条(当社の健康管理システムカレンダーで行いましょう)
    1、食事、運動、薬の服用を遵守する
    2、定期的に血糖値を測り記録する
    3、頻繁に血圧を測る
    4、年に1回、詳しい目の検査を受ける
    5、1~2ヶ月に一回HbA1cの検査を受ける
    6、年に1回、尿蛋白の検査を受ける
    7、血中脂質の検査を受ける
    8、毎日、足と皮膚をチェックする
    9、たばこをやめる
    10、自分の糖尿病に責任を持つ!

    事項 糖尿病と食事のアドバイス