【彩食健美】の腎臓食のアドバイス

    通話無料フリーダイヤル

    0800-888-0585

    受付 平日9時~17時(土・日・月曜祭日休み)

    お食事のアドバイス 腎臓系のお食事

    ≪腎臓病と食事≫

    腎臓病は食事療法以外に適切な治療方法は現在ありません。
    腎臓病では 糸球体がおかされるために血液の濾過作用がうまくおこなわれず 水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。

    同時に 尿中に出されるはずの老廃物が 体内に増えてきます。
    その結果 窒素が血液中に増えて 尿毒症の原因となったり ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。
    そのため食事療法では 適正な「塩分」「水分」「たんぱく質」「エネルギー量」を維持することが必要となります。

    高血圧やむくみのある人は 塩分制限が必要で それは腎蔵の機能の状態に応じた量となり 医師の指示に従います。

    普通は 一日に5~7g 程度の制限となります。
    自分勝手に 厳しすぎる塩分の制限をすることはかえって良くないときがあります。
    多尿期には低ナトリウム血症にならないように かえって必要になる場合もあります。
    適正な食事の成分内容が重要です。
    食事療法にはプロの確かな計算されたレシピで作られた食事を選びましょう。

    たんぱく質

    たんぱく質は三代栄養素のひとつで 体にとってとても重要な働きをするものです。 しかし 腎臓病では たんぱく質の制限が特に重要で たんぱく質の量が多くなると腎臓にかなりの負担をかけてしまいます。

    腎不全の人は これ以上腎機能を悪化させないようにたんぱく質の摂取量を 栄養障害が起こらない範囲での制限が必要となります。

    通常は 一日に20~40g 程度の制限になることが多くなります。
    たんぱく制限をしっかりとおこなうことは 腎臓の働きを助けるために大変効果的で すぐにも透析をしなければならない人が低たんぱくの維持によって 5~6年も透析をしなくて済んだ場合もあるくらいです。

    また 尿中にたくさんのたんぱく質が流れ出て 血液中から失われてしまう「ネフローゼ症候群」では これを補うためにこれまでは高たんぱく食にするのが通常でしたが
    最近ではかえって腎臓を痛めて症状を悪くすることが解り 逆に軽いたんぱく制限にするようになってきています。

    たんぱく質は制限されていても 動物性たんぱく質を(プロテインスコアの高いたんぱく質)を適度に取り入れていくようにします。

    エネルギー量(熱量)人が生活するためには 一日約2000kcal ほどのエネルギー摂取が必要となりますが 腎臓病 特に腎不全の場合はきびしい食事制限で食欲も低下し エネルギー不足になりがちです。

    それにたんぱく質の制限により たんぱく質からエネルギーを得ることが出来ないため更に エネルギーが不足しがちになります。

    しかし エネルギーを十分に摂ることは 同じ量のたんぱく質を摂っていても老廃物や毒素に相当する尿素の発生が少ないと言われています。

    エネルギーが十分になると たんぱく質の分解が少なくなり 尿素の発生が少なくなるためです。
    それは 脂肪と糖質で十分にエネルギーを摂ることになり 特に腎不全ではたんぱく制限以上に 適正なエネルギーを摂ることが重要と言われています。

    このためには 普段の食事の中でだけでは難しいので 腎臓病の特殊食品として いろいろな高エネルギー低たんぱく食品が開発されてきています。

    高エネルギー低たんぱく食品の代表的なものが、「でんぷん製品」です。

    「でんぷん製品」は高エネルギーなうえに、極端に「たんぱく質」が低いので、腎臓病の方には最適です。

    最もエネルギーを取り入れる主食に、ご飯・蕎麦・うどん・パスタ・薄力粉・などがありますので
    これらを利用しますと、おかずで肉や魚を多めに摂ることができますので栄養のバランスも良くなりますから療養食としては最適です。
    デンプン製品の欠点はお米や小麦などに比べて「美味しくない」ということです。

    1、水分

    浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは 塩分だけでなく水分の制限も重要となります。 この場合 飲み水だけではなく食品に含まれる水分量も含めます。
    浮腫がなかったり 軽い場合は塩分制限だけになります。 この場合の水分制限は 病気の状態や尿量により医師が判断します。
    脱水になると かえって腎臓の機能低下に繋がるので 自分勝手な制限はしてはいけません。

    2、カリウム・リン

    ネフローゼ症候群ではナトリウムやカリウム代謝に欠くことの出来ないホルモン(アルドステロン)の分泌過剰がありカリウムが失われることがあります。

    一方 腎不全では濾過量が減り 尿細管での再吸収や排泄機能の障害によって 高カリウム血症の危険がおこります。 この場合は カリウムの制限が必要になります。

    また腎不全によって、糸球体濾過率が 正常の1/4以下になると血液中の無機リン値が上昇します。

    このような 高リン酸血症がおこると、腸からのカルシウムの吸収が低下して低カルシウム血症がおこります。

    このような高リン酸血症では 食品中のリン値を制限します。

    カリウム・リンが制限される場合 カリウムやリンの高い食品を制限することになるわけですがカリウムやリンを含むものには蛋白質が多いということもあり蛋白質制限をしっかりしていれば、通常カリウム・リンの値は低くなります。

    カリウム制限が厳しい場合はカリウムは水に溶けやすいので「茹でこぼす」「浸水する」などによってカリウムを下げます。

    お食事のアドバイス 腎臓病系のお食事

    腎臓病はたんぱく質・塩分・カリウムなどを低くしながらも、エネルギーを上げた食事が必要です。
    当社は、たんぱく質を9g以下 塩分を1.7g以下 カリウムを500mg以下 エネルギーを300Kcalに設定したお食事を宅配しております。 腎臓病は食事療法以外に治療の方法がありません。
    難し腎臓病の食事をご自宅で調理されるよりも、管理栄養士がレシピを作る確かな食事をご活用ください。